約5年間はブラックリストに名前が残り続ける

  • 減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、しばらくの間は、クレジットカードの申請や利用、あるいは住宅ローンなどを利用するのも簡単にはできなくなります。

    それというのも、返済できない程の借金をしたということで、ブラックリストに登録されてしまうためです。

    約5年間はブラックリストに名前が残り続けるので、時間が過ぎるのを待ってください。

     

    仮に、今ある借金を債務整理で整理した場合、何割くらいの借金の減額が期待できるのかという点は一番気になる点ですよね。

    おおよその金額を知るためには、司法書士や弁護士などが受け付けている無料相談を使うと確実な答えをもらえますが、そこまでしてもらうのも、と後ろめたく感じてしまうこともあるでしょう。

    こうした場合、ネットには無料診断で債務整理の計画を立てられるものも増えていますから、こうしたサービスを使ってみることをおススメします。

     

    多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。

    とはいえ、当然、お金を支払わなければなりません。

    借金があるから頼んでいるのに、と思うのも分かりますが、こればかりは、どうしようもないでしょう。

    とはいえ、そのあたりの事情は相手も分かってくれますので、支払は分割や後払いでも可能な事務所も少なくありません。

    あらかじめ相談に乗ってもらうのが良いでしょう。

     

    債務整理の手続きは、ご自身でもできます。とはいえ、膨大な法的知識が必要になります。

    その他にも、関係書類の準備や実際の手続きで長期間拘束されることは間違いないでしょう。

    一般人には難易度が高いですから、債務整理のことは弁護士事務所などに依頼を出した方が最適なのかもしれません。

    何と言っても知識が違いますし、場数を踏んでいる弁護士ならば早々に解決してくれるでしょう。

    <参考>借金返済ができない 弁護士

     

    すぐにお金を融資してくれるカードローンはとても便利なものですが、使い過ぎた結果、借金地獄に陥る可能性があります。

    このような場合には、現実的に債務整理の計画を立ててください。

    個人再生などの債務整理をすれば、裁判所を通して借金を減らすことができます。

    そのため、返済の負担や取り立ての重圧から逃れ、日常生活をやり直すことができます。

     

    かかる料金や実績をチェックしてから、債務整理を依頼する弁護士を決めるのをおススメします。

    また、費用については、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、それ以外の費用が高くついてしまうところもあるのです。

    ネットの評判などを参考にして弁護士事務所を見繕い、無料相談などで話をしてみて、納得できる説明をくれる弁護士ならば、実際に依頼をすると良いでしょう。

     

    当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

    ですが、本人以外の身内が不利益を被る点については、心配いりません。

    家族の財産も処分されたり、金融サービスの審査に受からなくなるようなことはありません。

    けれども、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

    この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、注意してください。

     

    債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどの問題もあります。

    ここで心配になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

    調べてみると、賃貸契約不可という物件の数は、それほど多くありません。

    契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、住まいに関しては、心配ないようです。

     

    司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼することをおススメします。

    なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に担当できないという決まりがあります。

    その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。

    その他にも、弁護士に債務整理を依頼すると、依頼したその日のうちに、法律的に取り立てから解放されることができます。

     

    債務整理をするとブラックリストに名前が載るので、時間が経たなければ、キャッシングサービスを利用することは簡単にはいかなくなります。

    この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの時間が変わります。

    でも、安定した収入が見込め、さらに、失業の心配がないのなら、独自の審査基準を持つ業者なら審査を通過できることがあります。

    任意整理を行った場合は、この可能性が高いです。個人再生の場合も可能性がありますが、自己破産の場合はかなり厳しくなります。