信用できないということで弁護士が辞退する可能性もある

  • 人には話したくないこともあると思いますが、弁護士にはすべて正直に話してください。

    信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

    債務整理で自己破産の手続きを行うということは、財産がないということが証明されてこそ、行えるものです。

    ここがきちんと証明されていなければ、自己破産はできないことは当然ですし、債権を放棄した会社も納得しません。

     

    嘘をつくと周りの人にも迷惑がかかりますし、何より自分の債務整理が失敗しますから、このようなことは考えないでください。

    債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、これが認められるまでの時間はどれくらいになるのでしょう。

    一口に債務整理といっても、その方法は様々で、どの方法を選択したかで完了までに必要な期間にも差があります。

    でも、基本的にどのような債務整理の方法でも、3か月はかかるものだと思います。

     

    多重債務者の場合は、1年、またはそれ以上かかることも珍しくありません。

    安く済まそうと、個人で債務整理を行おうとする人がいますが、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。

    他にも、書類の整理や実際の手続きで長期間拘束されることになると思います。

    これらの問題を考えると、債務整理は司法書士や弁護士などのプロに依頼する方が上手くいく可能性が高いでしょう。

     

    専門家はそれを生業としたプロですから、知識も手際の良さも段違いですし、スピーディーな手続きが期待できます。

    債務整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理ができます。

    ですから、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、今の携帯をそのまま所有することもできます。

    新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、分割で支払うことは難しくなるため、機種代は購入時に一括で払わなければなりません。

    しかし、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、こういう訳にはいきません。

     

    一口に債務整理と言っても、具体的には、任意整理や個人再生、自己破産、特定調停などが含まれています。

    一般的に、任意整理を行う人が多いのですが、その理由は裁判所を通す必要がなく、債務整理が長期化することがほとんどないというメリットがあります。

    依頼を受けた司法書士などは、はじめに各債権者に対して受任通知を送るので、暫定的ではありますが、取り立て行為を止めることができます。

    任意整理以外のケースでは確実に裁判所を通さなければなりません。

     

    当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

    有名なところでいえば、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

    これによって、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

     

    一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、どのような方法で債務整理を行ったかでブラック解除までの時間が最短でも5年間から10年間と違いがあります。

    もし、債務整理をしてしまったら、今後もお金を借りられる可能性は残っているのでしょうか。

     

    実際のところ、法律によって制限されているわけではないので、借入は可能だと言えます。

    でも、大手消費者金融や銀行からの借入は難しくなります。

    とはいえ、あまり大きくない消費者金融などでは、審査をパスできるかもしれないので、悲観的にならず、問い合わせてみると良いでしょう。

     

    借金地獄に陥ってしまった人の一部には、重度のうつ病が多重債務の要因になったという事例が多いようです。

    仕事に行けずに、返済ができなくなったり、生活費を工面するために借入を繰り返した結果、多重債務者になっていたということは、なかなか言い辛いことですから、辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。

    ですから、さらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。

    チェック⇒闇金被害 相談

     

    債務整理で残った債務を無事に完済し終えても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを利用することも難しくなります。

    それというのも、債務整理者は事故アリということで、ブラックリストに情報が残ってしまうからです。

    最低でも5年が経たないとブラックリストから情報が消えませんから、この期間は金融サービスを受けることは諦めましょう。

     

    債務整理をすると、金融事故歴アリのブラックとしてJICCやCICといった信用情報機関に登録されます。

    この期間は有限で、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

    また、CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースではとくに記録として保存されることはありません。

    いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングが利用できないでしょう。