Day

  • いきなり個人情報が丸裸に

    準備ができたところで、実際に申し込んでみる。

    ただし、今回は実験ということで、融資額は10万円ちょうどにしてみた。

    しかも一括返済という条件で。

     

    まず、先程のDにもう一度電話をかけてみた。

     

    「申し込みをしたいのですが」

    「新規の方ですね。希望額はおいくらになりますでしょうか?」

    「10万円なのですが、一括返済は可能でしょうか?」

    「大丈夫ですよ。支払回数は自由ですから。ではまず、お客様のお名前をフルネームでお願いします」

     

    名前の他には、年齢、生年月日、現住所、持ち家か賃貸か、住居年数、家賃、勤務先の会社名と連絡先、社員数、勤続年数、健康保険の種類、月収と年収、配偶者の有無などを聞かれた。

     

    いきなり個人情報が丸裸にされた状態である。

    しかもカウンターで面と向かって申し込みをするより、電話でのやりとりの方が同じ質問でもどこか心地悪く感じてしまうから不思議な気持ちになる。

     

    一瞬、答えに詰まったのが借りたお金の使用目的を問われた時。

    つい友人への返済と言ってしまったのだが、これでは俗にいうつなぎになってしまい、ちょっと心証が悪い。

    これからは、同じことを聞かれた時にちゃんと返せるように答えを用意しておいた方がいいだろう。

     

    「他店での借り入れについてお伺いしたいのですが、現在他に何店舗から借りていますでしょうか?」

    「今のところは1店舗もありません」

    「では以前に返済が遅れてしまったとか、トラブルになった経験はありますでしょうか?」

    「いえ、今まで消費者金融で借りたことがないので」

     

    おそらく自分のような人間も珍しいのかもしれないが、嘘をついても照会されれば、バレてしまうと思ったので正直に答えた。

     

    「では今からこちらで審査をさせて頂きますので、約20分後にもう一度お電話いただけますか」

     

    広告には20分スピード審査と書いてあったのは、一度電話を切ってからもう一度かけるまでの20分で審査をするという意味らしい。

     

    continue reading